ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは、サーバーの上の部分に筒状のミネラルウォーターや天然水をろ過した水の入ったボトルをセットすることで冷水と温水の両方をワンタッチで使うことが出来る機器で、元々業務用として開発され使用されてきましたが近年家庭用にも広く用いられるようになってきました。
設置に関しては、ウォーターサーバーをレンタルしてボトルを注文して定期的に届けてもらうのと、ウォーターサーバーを購入して、後でミネラルウォーターのボトルを別途購入して試用したり、水道管につないで使うタイプのものがあります。
レンタルのものの多くは、スペアのボトルを事前に決めておいたスケジュールにしたがって届けてくれますし、購入して使うタイプのものは最初に購入したミネラルウォーターのボトルが空になったらキャップをはずすことで、他のミネラルウォーターや水道水を入れて再利用することも出来るものもありますし、使い終わったらそのままボトルを処分して新しいボトルを繋いで使うようなものもありますが、どちらにもメリットとデメリットはありますので状況などに応じて使ってください。
そして常温で使用するものもありますが、ウォーターサーバーの多くはコンセントを繋ぐことで冷水と温水を使うことが出来るため好きな時間に好きな飲み物やインスタント食品を作ったりすることが出来るようになります。
機種にって違いはありますが、水を冷やしたりお湯を沸かしたりする電気代はそれほど高くないです。
サーバーの中はメンテナンスをしなくてもよいものもありますが、定期的にメンテナンスをすることでいつでも使うことが出来るのでボトルの差込口や水が出てくるコックの中をブラシやアルコール除菌剤などを使って自分でお手入れをしておくといつも清潔に使うことが出来ますが、機種によっては業者がメンテナンスを行う場合もあり費用は有料となりますので、詳しいことは業者に聞いておきましょう。
サーバーを設置する際には長く使い続けるためにも、直射日光が当たらなくて風通しのよい安定した場所に置くようにしてください。
サーバーがあることのメリットはそれだけでなく、地震などの大きな災害が起きたときに飲み水が無いと給水車が来るまで何も飲むことができなくなり、そういうときに水の重要性を痛感することになるため、導入するときには災害に備える意味も込めて、スペアのボトルをいくつか備蓄用の水として用意しておくことをお勧めします。
万が一災害が起こって断水してしまったときでも、サーバーがあることで水をそのまま使い水がなくなったらスペアのボトルの交換して水を使うことが出来ますし、電気が復旧して使える状況になれば水だけでなくお湯を使うことが出来るので、非常食を作ったり水の硬度によっては避けたほうがいいのですが赤ちゃんのミルクを作ったりすることが簡単に出来るため、そういう面も考慮に入れた上で選ぶとよいでしょう。
ウォーターサーバーを選ぶときにはサーバーの置き場所や大きさやデザイン、毎日の電気代、使用しているミネラルウォーターの硬度など業者や機種によって色々違いがありますので、家族などにも相談した上で決めてください。

Copyright(C) 2011 水で健康.com All Rights Reserved.