ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーのぬめりを防ぎ清潔に保つ

いつでもきれいなお水を使うことができて、ペットボトルのゴミの削減にもなるウォーターサーバーは使い始めるととても便利です。
スーパーなどでペットボトルを毎回買いに行く手間もかからないというところもとても気に入ってます。
しかし、短期間で使い終わるペットボトルの飲料と違って、ウォーターサーバーはお手入れも必要です。
水を使う家庭の電気製品にぬめりがつくようにウォーターサーバーにも、ぬめりがついて気になる場合もあります。
ぬめりがつくことによって、そこから雑菌などが繁殖してしまうこともあります。
そのため、ウォーターサーバーを設置したときに、業者の方になるべく毎日こまめにお手入れするようにアドバイスを受けました。
毎日ちょっと気にかけてお手入れをすることによって、清潔に使い続けることができます。
お手入れの方法は、簡単です。
ボトルを取り付けたり取り外したりする場合に、ボトルの差込口や水の注ぎ口をキッチンペーパーに市販のアルコールスプレーをかけて拭いています。
これを行うだけでも、ぬめりを防ぐことができるし見た目も清潔を保つことができます。
しかし、どんなにまめにお手入れを行っていても水のたまっている中の部分までは、自分では掃除をすることができないので業者に依頼しています。
エアコンもフィルターを自分でこまめに掃除をすると冷えが良くなったりします。
しかし、内部までは自分で掃除をすることができません。
エアコン掃除の業者に依頼すると、自分では手の届かない内部までとてもきれいにしてもらうことができます。
口に入るお水のサーバーは、体のためにもなるべくいつも清潔に保っていたいです。
そのため、内部を徹底的にお掃除してもらうこともおすすめです。
内部をお掃除してもらうことで、気分的にも安心してお水を使うことができます。
業者によってメンテナンスにかかる費用は違いますが我が家の場合には、一回のメンテナンス料は5000円くらいです。
一年に一回依頼するようにしています。
業者に依頼してメンテナンスを行ってもらう場合には、タンクの内部まで消毒や殺菌を行って盛ることができるので安心です。
メンテナンスを行っている間は、使っているサーバーは回収してしまいます。
そのため、そのメンテナンス期間中は代わりのサーバーを貸してもらうことができます。
また、我が家の場合にはメンテナンスを依頼するのが一年に一回くらいですが、小さな子供や赤ちゃんがいる場合などもっと頻繁にメンテナンスを依頼したい場合でもメンテナンス料を支払うことによって頻繁にメンテナンスを行ってもらうことができます。
業者によっては、自分で内部まで掃除をすることのできる道具を一式貸してくれるところもあります。
このような場合には、道具のレンタル料を支払うだけになるので業者にメンテナンスを依頼する場合に比べて費用はやすくなります。
自分で掃除をするので、自分の気になる部分を掃除することができるというメリットもあります。
また、内部の掃除がいらないような作りになっているサーバーもあるので、どの業者のサーバーを選ぶか迷ったときにこのようなメンテナンスの方法で選ぶのも良い方法です。

Copyright(C) 2011 水で健康.com All Rights Reserved.